• 15.07.2024AT&T falls victim to a data breach following Snowf...

私たちの Argos Edge(アルゴス・エッジ) とは / 100億個の目を持つ最強の見張り役です

Argos(アルゴス)プラットフォーム

Argos(アルゴス)とはギリシャ神話に登場する巨人で100億個の目を持つ最強の見張り役です。決して眠らないという特徴があるので、24/365日見張り続けます。全身にある100億個の目で365度全方向を監視するため見張り役として最適です。Argos Edgeは外部からの脅威情報の監視収集を行う私たちのサービスプラットフォームの名称です。 最も関連性の高い既知および未知の外部リスクを継続的に発見し、軽減します。 私たちは、誤検知ゼロを目指します。 そして、インパクトのある脅威情報を提供します。

インパクトのある脅威情報への飛躍的進歩

最大の見通し(視界)

360度の角度で、質の高い脅威インテリジェンスを検出します。

最大カバレッジ

フィッシング、詐欺、ランサムウェア、ブランドの悪用など、80 を超えるユースケースを防止、検出、調査します。

最大のインパクト

セキュリティ スタック内の他の製品との相互作用を充実させます。 戦略的なサイバー セキュリティの意思決定を推進し、目的達成するための最強の手段として活用できます。
主な機能

アタックサーフェスに合わせて調整されたリアルタイムの脅威インテリジェンス

アタックサーフェス管理(ASM)
既知および未知の脆弱性と注意点を継続的に検出します。
ウェブインターフェイスやクラウド ストレージの露出から、Eメールのセキュリティ問題や開いているポートに至るまで、Argos の自律的な検出は、外部の露出をマッピングし、インパクトのあるテイクダウンを行う為の優先順位付けを行います。もっと詳しく見る
脅威インテリジェンス
リアルタイムで実用的な脅威インテリジェンスを検出します。
迅速且つ、より多くの情報に基づいた意思決定を行える様に、
サーフェスウェブ、ディープウェブを含む ダーク ウェブ、チャット、ソーシャル メディアなど、多くのソースのリストから脅威の洞察を収集します。

もっと詳しく見る
フィッシング攻撃の検出
新たなフィッシング攻撃が開始される前であっても、それを特定してテイクダウンを行います。
攻撃数と回答時間を大幅に削減し、悪意のあるクローンが公開される前に ウェブサイトのクローンを検出してテイクダウンを実施します。
ボタンを1クリックするだけで、フィッシング ページの削除依頼をリクエストすることが可能です。もっと詳しく見る
ソーシャルメディアの監視
なりすましを特定し、被害を回避します。
私たち Cyberint の包括的な脅威インテリジェンスは、デジタル資産の保護とアタックサーフェス対象領域の監視をシームレスに統合し、外部からの幅広い脅威からブランドを保護します。もっと詳しく見る
サプライチェーン・インテリジェンス
サードパーティ・ベンダーやテクノロジーに起因するリスクから組織を保護します。

サードパーティのベンダーとテクノロジーを自動検出して、違反と関連リスクを継続的に監視します。もっと詳しく見る
Insights On Breaches & Attacks
フォレンジック キャンバス
Forensic Canvas(フォレンジック キャンバス)とは、特定の企業や国家などの属性を深く掘り下げ、IOC と脅威アクターのあらゆる側面をさらに調査できるツールの名称です。
Forensic Canvas はボタンを 1 クリックするだけで相関関係とスマートな接続を作成し、個々の企業や国家から攻撃インフラストラクチャ全体、およびその背後にある攻撃者に到達することによって実現します。もっと詳しく見る
Integrate with SIEM/SOAR
脆弱性の脅威インテリジェンス
外部のアタックサーフェス対象領域に合わせて調整された脆弱性の脅威インテリジェンス。
脆弱性を優先順位付けし、パッチ適用戦略の効果を最大限化し、露出のリスクを最小化します。もっと詳しく見る
リスクのある脅威インテリジェンス フィード (IOC)
Argos のData Lakeは、クラス最高のリスク スコア、コンテキスト、プレイブックを備えています。
要求の高いリスク をArgos のシン・脅威インテリジェンスとArgosのData Lakeを利用して更に強化します。
もっと詳しく見る
Continuously Updated Risk Score
ダッシュボードとレポート
視覚化 / 分析して、理解する。
Argos プラットフォームから直接ダッシュボードを介して、さまざまなチーム、同僚、リーダーシップと協力して
課題を解決するためのコミュニケーションを取ることが可能です。

もっと詳しく見る

複数のビジネスリスク領域を包括的にカバー

アタックサーフェス管理(ASM)

既知および未知の脆弱性と注意点を継続的に発見します。
Argos の自律的な検出により、ウェブインターフェイスやクラウド ストレージの露出から、Eメールのセキュリティの問題や開いているポートに至るまで、
外部から晒されている状況が計画立てれる様になり、それにより優先順位付けが出来、インパクトのあるテイクダウンを行えます。
もっと詳しく見る

ブランド保護

ブランドをすべての方向のアタックサーフェスから保護します。
会社の公式ソーシャル メディア プロファイルを保護し、なりすまし、知的財産権の侵害、不正取引、改ざんなどを検出してテイクダウンを行います。
もっと詳しく見る

フィッシング対策

新たなフィッシング攻撃が開始される前であっても、それを特定してテイクダウンを行います。
攻撃数と回答時間を大幅に削減し、悪意のあるクローンが公開される前にウェブサイトのクローンを検出してテイクダウンを実施します。 ボタンを1クリックするだけで、フィッシング ページのテイクダウン依頼をリクエスト可能です。
もっと詳しく見る

アタックウェア

脅威アクターのツールを継続的に可視化します。
PoVで悪意のあるファイル、自動化された攻撃ツール、ビジネス ロジックの迂回経路を見分け、標的リストに載っている攻撃者の人物を知り、その手口と動機を理解することが可能です。
もっと詳しく見る

詐欺

返金やクーポン詐欺からマネーロンダリングや恐喝まで
さまざまな詐欺を検出し、テイクダウンを実施し、防止をします。

Argos は、組織の詐欺率を最小限に抑えるために、サーフェス、ディープ、ダーク ウェブからのリアルタイム 脅威インテリジェンスを提供します。
もっと詳しく見る

データ漏洩

漏えいしたデータとランサムウェアのリスクを特定します。
個人情報やアクセス トークンの侵害、内部情報の漏えい、内部関係者の悪意のある活動、従業員や顧客のクレデンシャル情報の侵害など、テイクダウンを実施し、早期に警告をして次の攻撃をブロックして防止します。
もっと詳しく見る

アタックサーフェス管理(ASM)

既知および未知の脆弱性と注意点を継続的に発見します。
Argos の自律的な検出により、ウェブインターフェイスやクラウド ストレージの露出から、Eメールのセキュリティの問題や開いているポートに至るまで、
外部から晒されている状況が計画立てれる様になり、それにより優先順位付けが出来、インパクトのあるテイクダウンを行えます。
もっと詳しく見る

ブランド保護

ブランドをすべての方向のアタックサーフェスから保護します。
会社の公式ソーシャル メディア プロファイルを保護し、なりすまし、知的財産権の侵害、不正取引、改ざんなどを検出してテイクダウンを行います。
もっと詳しく見る

フィッシング対策

新たなフィッシング攻撃が開始される前であっても、それを特定してテイクダウンを行います。
攻撃数と回答時間を大幅に削減し、悪意のあるクローンが公開される前にウェブサイトのクローンを検出してテイクダウンを実施します。 ボタンを1クリックするだけで、フィッシング ページのテイクダウン依頼をリクエスト可能です。
もっと詳しく見る

アタックウェア

脅威アクターのツールを継続的に可視化します。
PoVで悪意のあるファイル、自動化された攻撃ツール、ビジネス ロジックの迂回経路を見分け、標的リストに載っている攻撃者の人物を知り、その手口と動機を理解することが可能です。
もっと詳しく見る

詐欺

返金やクーポン詐欺からマネーロンダリングや恐喝まで
さまざまな詐欺を検出し、テイクダウンを実施し、防止をします。

Argos は、組織の詐欺率を最小限に抑えるために、サーフェス、ディープ、ダーク ウェブからのリアルタイム 脅威インテリジェンスを提供します。
もっと詳しく見る

データ漏洩

漏えいしたデータとランサムウェアのリスクを特定します。
個人情報やアクセス トークンの侵害、内部情報の漏えい、内部関係者の悪意のある活動、従業員や顧客のクレデンシャル情報の侵害など、テイクダウンを実施し、早期に警告をして次の攻撃をブロックして防止します。
もっと詳しく見る
スタック全体に渡るインパクトのあるシン・脅威インテリジェンス

Chrome 拡張機能とAPI連携による手間やストレスの無い機能強化で、リアルタイムで最大の効果が得られます

フィード(IOC)とAPI

文脈と前後関係に応じた脆弱性の脅威インテリジェンスとフィード( IOC)/ API 、セキュリティ プラットフォーム、ブロックリスト、脅威調査を強化するための日々のフィード(IOC) と脅威ハンティング活動。

 

Chrome 拡張機能

IOC を強化し、そのリスク スコア、属性、信頼度などを取得します。ボタンを1クリックするだけで、ウェブページ内の C2サーバー、ボットネット、感染したマシンなどを検出します。SOC システム、SIEM、EDR、およびブログやニュース サイトの ウェブインターフェースと完全に連携します。

※ C2サーバ(Command and Control Server)は、サイバー攻撃において用いられるインフラストラクチャで、攻撃者が侵害したシステムと通信し指揮(Command)および統制(Control)する目的で用いられます。 C&C サーバとも表記されます。

データシートをダウンロード

私たち Cyberint の資料を参照する

シン・脅威インテリジェンスの体験準備は整いましたか!?

使う人がわくわくする脅威インテリジェンス!

自信が持てる脅威インテリジェンス!!

私たちの Argos Edge を体験!!!

リアル無償デモの日程を調整

  お問合せ先:

Japan@cyberint.com

無償デモのスケジュール調整はこちらからどうぞ