• 22.02.2024The New “Exodus” Marketplace

小売および e コマース

インパクトのある脅威インテリジェンス:消費者の信頼が不可欠

すべての顧客接点(タッチポイント)の行程でユーザー データ、プライバシーを保護し、 返品詐欺、e コマース犯罪、そしてソーシャルエンジニアリングを監視し防御します。 フィッシング、詐欺、アカウントの乗っ取り、ブランドの悪用を防ぎます。

境界を越えて小売業の脅威を防御

 

小売業者が顧客に提供する手段(チャネル)と顧客接点(タッチポイント)が増加の一途をたどっているため、小売業界はサイバー犯罪者にとって理想的な標的となっています。私たち Cyberint は、すべての手段(チャネル)、顧客接点(タッチポイント)、およびサードパーティ システムにわたってデータを保護するように機能し、繁忙期のホリデー シーズンであっても、詐欺やアカウントの乗っ取りから入念な保護を可能にします。 これには、従業員が販売チャネル、在庫管理、eコマース プラットフォーム全体で安全な ウェブ インターフェイスで作業できるようにし、事業運営と継続性を確保することが含まれます。

米国の大手小売事業者の使用事例を見る

Read a Large USA Retail Use Case

貴社のデジタル リスク スナップショットを取得する

申し込む

小売企業が私たち Cyberint を選ぶ理由

ブランドの評判に対する脅威を最小限に抑える
デジタルプレゼンスとブランド全体を保護し、
デジタルコミュニケーション、ソーシャルを含む
メディアや ウェブサイトなど、さまざまな脅威から保護します。
フィッシング攻撃の識別、成立、削除
将来の脅威から小売ブランドを保護するために、検出、監視、テイクダウンの 3 つのアプローチで幅広い脅威をカバーします。
ランサムウェア、侵害されたクレデンシャル情報、データを検出
データとカスタマー エクスペリエンスを保護し、ブランドに対する信頼を強化します。
主なメリット

幅広い脅威から小売企業を保護

個人情報(PII )とクレジットカードなどの支払い情報( PCI データ)の侵害

何百万もの顧客消費者、従業員、さらにはクレジットカードの PII および PCI データが、ダークウェブで継続的に漏洩しています。 取り除かない限り、小売組織とブランドに脅威を与え続けます

アカウントの乗っ取り

何百万もの顧客消費者、従業員、さらにはクレジットカードの PII および PCI データが、ダークウェブで継続的に漏洩しています。 取り除かない限り、小売組織とブランドに脅威を与え続けます。

詐欺

無許可の転売、払い戻し、クーポン、カーディングなどの詐欺サービスは、世界のトップ小売業者を対象としており、ディープ&ダークウェブのフォーラム、マーケットプレイス、サイトで毎日公開されています。

クラウド インフラストラクチャの露出

サイバー犯罪者は、次のサイバー攻撃に備えて実行するための脆弱性を見つけるために、主要な小売ブランドのクラウド インフラストラクチャの周りに潜んでいます

フィッシング攻撃

フィッシング攻撃は、アカウントの乗っ取り、不正アクセス、ブランドの評判の低下、ユーザー データの侵害などのリスクをもたらし、最も確立された小売ブランドの評判を損なうことさえあります。

ブランドの悪用となりすまし

ブランドの悪用の影響には、売上の損失、訴訟の可能性、不正な競争による製品価値の低下などが含まれます。

POSレジ・システム とオンライン トランザクションの侵害

悪意のある攻撃者は、POS マルウェアを使用して電子決済システムへの不正アクセスを取得し、1 回の取引で何百万ものクレジットカードの詳細を盗みます。

アタック ツール

小売業や顧客を標的にするように設計された自動攻撃ツールは、技術にあまり詳しくない攻撃者でも簡単に実装できるようになっています。 場合によっては、企業のシステム固有の処理(ビジネス ロジック)を迂回(バイパス)して到達することさえあります。

個人情報(PII )とクレジットカードなどの支払い情報( PCI データ)の侵害

何百万もの顧客消費者、従業員、さらにはクレジットカードの PII および PCI データが、ダークウェブで継続的に漏洩しています。 取り除かない限り、小売組織とブランドに脅威を与え続けます

アカウントの乗っ取り

何百万もの顧客消費者、従業員、さらにはクレジットカードの PII および PCI データが、ダークウェブで継続的に漏洩しています。 取り除かない限り、小売組織とブランドに脅威を与え続けます。

詐欺

無許可の転売、払い戻し、クーポン、カーディングなどの詐欺サービスは、世界のトップ小売業者を対象としており、ディープ&ダークウェブのフォーラム、マーケットプレイス、サイトで毎日公開されています。

クラウド インフラストラクチャの露出

サイバー犯罪者は、次のサイバー攻撃に備えて実行するための脆弱性を見つけるために、主要な小売ブランドのクラウド インフラストラクチャの周りに潜んでいます

フィッシング攻撃

フィッシング攻撃は、アカウントの乗っ取り、不正アクセス、ブランドの評判の低下、ユーザー データの侵害などのリスクをもたらし、最も確立された小売ブランドの評判を損なうことさえあります。

ブランドの悪用となりすまし

ブランドの悪用の影響には、売上の損失、訴訟の可能性、不正な競争による製品価値の低下などが含まれます。

POSレジ・システム とオンライン トランザクションの侵害

悪意のある攻撃者は、POS マルウェアを使用して電子決済システムへの不正アクセスを取得し、1 回の取引で何百万ものクレジットカードの詳細を盗みます。

アタック ツール

小売業や顧客を標的にするように設計された自動攻撃ツールは、技術にあまり詳しくない攻撃者でも簡単に実装できるようになっています。 場合によっては、企業のシステム固有の処理(ビジネス ロジック)を迂回(バイパス)して到達することさえあります。

私たち Cyberint のリソースを参照する